20150802プレスリリース 「シニアビジネス研究所」ビジネス提案セミナー 首都直下型地震で想定される最大火災原因「通電火災」防止機器 「感震ブレーカー」第二回ビジネスセミナー 8月10日開催

○「シニアビジネス研究所」 ビジネス提案セミナー

「シニアビジネス研究所」は、シニアが能力を発揮できる社会性あるビジネスを研究・実践し、皆様に提案しております。

ビジネス提案セミナー第一弾(7月27日開催)は、シニアビジネス研究所 古橋俊夫より、地震が発生したときにその被害を最小限にする「減災対策」の具体的方法、「通電火災」防止のための「感震ブレーカー」、そしてそれを絡めた社会性の高いビジネス「シニアビジネス研究所 防災用品アドバイザー制度」の概要について、関連する迫力ある動画映像を多数用意し講演させていただきました。
参加者の皆様のご意見も多数いただきながら盛況に終えました。ありがとうございました。

好評につき、第二回「感震ブレーカー」ビジネスセミナーを8月10日月曜日16:00より開催させていただきます。

なおシニアビジネス研究所の主旨、防災用品アドバイザー制度の社会性、事業性に関心をお持ちいただけた参加者の方向けには、別途ビジネスモデル説明会(ビジネス内容の詳細、収益額の説明など)を行なっております。

○ビジネス提案セミナーは、以下の内容で行います。
【日時】 8月10日(月曜日)午後4時から5時30分まで
【場所】 シニアビジネス研究所 会議室 東京都北区赤羽北2-1-1
【内容】 シニアビジネス研究所 第二回「感震ブレーカー」ビジネスセミナー
【講師】 シニアビジネス研究所 古橋 俊夫
【費用】 無料
【定員】 先着10名
【主催】 シニアビジネス研究所  http://hito.bz
【お申込み】シニアビジネス研究所 事務局(株)パワーミュージック 堀達朗まで
電話 03-3364-1891 メール info@powermusic.co.jp

今回のセミナーは
・首都直下型地震で想定される最大の火災原因の「通電火災」とはどのようなものか。
・「通電火災」防止のための「感震ブレーカー」とはどのようなものか。
・類焼防止のための効果的な「感震ブレーカー」の普及はどのようにしたら良いか。
・「感震ブレーカー」の普及活動をビジネスとして推進する方法「シニアビジネス研究所 防災用品アドバイザー制度」の概要
について、迫力ある動画映像を多数交えご説明いたします。

「感震ブレーカー」について
最近大きなゆれを感じる地震が頻発しており、私たちは首都直下型地震に関する対応を考えざるを得ない状況です。
地震の発生を防ぐことは出来ませんが、発生したときにその被害を最小限にする「減災対策」は出来ます。
多くの町内会や自治会で災害対策としての防災組織の編成や対応のための訓練を行なっていますが、これに増して、地震の発生前に行なう「地域で行なう減災対策」が、今、求められています。
国は首都直下型地震での被害想定における「減災対策」では「火災とその類焼による被害をなくすことが最重要課題」としており、本年2月に通電火災を防止するための「感震ブレーカー」のガイドラインを定め、国は「感震ブレーカー」の設置普及で火災の発生を食い止めようとしています。

○シニアビジネス研究所について
シニアビジネス研究所は、「アクティブシニアが求める社会的に有意義で価値ある仕事は雇われない形態で、自立性の高い仕事!」をテーマに、2013年2月「60歳からの仕事ガイド事業」を開始、2年経過し2015年2月16日、同メンバーは、更なる事業発展を目的に、「シニアビジネス研究所」を創設いたしました。
創設記念セミナーを3月14日に日本女子会館(浜松町)、第一回ビジネスセミナーを7月27日に開催いたしました。

シニアビジネス研究所は、シニアの新しい働き方、雇われない働き方、シニアの能力を活かせる新たなビジネスモデルを研究・実践するメンバー6名による研究所です。シニアビジネス研究所は、以下の活動を行なっております。
1.「知的労働、事務職を経験したシニアの能力が活かされるビジネス、ビジネスモデル」の情報収集と研究活動
2.研究活動の情報提供活動
・WEBサイト、メールマガジン、Facebook、Twitter、YouTube
・セミナー、研修、出版活動
研究所メンバー、また外部よりゲスト講師によるセミナー開催。
研究所メンバーによる研修サービス、出版サービス。
3,新たなビジネスの企画・開発
複数社、複数人による協業プロジェクトにより新規ビジネスの開発。

○研究所 メンバー
所長
上田 信一郎

研究員
古橋 俊夫
大谷 久行
堀 達朗
玉腰 泰三
ほか1名

○シニアビジネス研究所 事務局
株式会社 パワーミュージック
東京都新宿区百人町 2-12-15
TEL:03-3364-1891

○シニアビジネス研究所 ホームページ
http://hito.bz

★第193回【EC研フォーラム】『マツダが目指す自動車の未来像-全ての人に「走る歓び」マツダ株式会社 ほか3講演★ ■日時:2015年7月10日(金):13:00~17:00

玉腰泰三個人事務所(http://taizotamakoshi.jp/)が支援するEC研究会(http://ecken.jp/)の【EC研フォーラム】をお知らせさせていただきます。

1人でも多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

以下案内文転載

☆====================================================☆
★第193回【EC研フォーラム】★
■日時:2015年7月10日(金):13:00~17:00
■会場:
東京都千代田区麹町3-6 住友不動産麹町ビル3号館
(株)KDDIウェブコミュニケーションズ6階会議室
電話:03-3238-5780 (代表/受付時間10:00~18:00)
◇最寄リ駅:
・有楽町線『麹町駅』3番出口・徒歩2分
・半蔵門線『半蔵門駅』3a出口・徒歩4分
・JR線『四ッ谷駅』四谷出口・徒歩11分
◇案内図:
http://www.kddi-webcommunications.co.jp/corporate/map.html
☆====================================================☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【講演1】:(13:00~13:50)
◆講演のテーマと講師:【すべて決まりました】
『マツダが目指す自動車の未来像-全ての人に「走る歓び」
を永遠に提供し続けるクルマ作りと目指す社会-』
マツダ株式会社 統合制御システム開発本部
主幹研究員 栃岡 孝宏氏
http://www.mazda.co.jp/
◆講演の概要:
「いつまでも車を楽しく操れる世界と事故ゼロの両立を実現するコンセプト」と、そのために期待される技術などについて講演します。
その中心は、人を理解し、人の意のままに操れ、人を助ける「人間中心のクルマ作り」です。
人間は素晴らしい能力を持ちます。
ただし、時々ミスをします、また、人間は衰えます。
それが徐々に起きたり、突然起きたりします。この人間の特性を理解しつつ、「人間の能力を最大限に引き出し、人の成長を支援することで実現するコンセプト」は、日本の強みを活かした自動運転技術の活用のもう一つのルートであり、心と体を活性化するクルマ作りです。こうしたクルマによる効用をだれもが享受できる成熟した社会を、オールジャパンで実現したいと思います。
◆栃岡孝宏氏の略歴:
1988年マツダ株式会社に入社、技術研究所にて、自動車用プラスチック材料および成形工法の研究開発、自動車排ガス浄化触媒の開発、蓄電デバイス・電池材料の研究開発など、材料研究に長く従事し2003年機能統合モジュールの開発で日本機械学会賞、自動車技術会賞を受賞。2009年から電気自動車やハイブリッドシステムの先行技術開発、ITS・自動運転技術などの先進安全技術や車両運動制御,人間工学の研究開発を技術研究所において担当。i-ELOOP減速回生キャパシタ技術など世界初の技術開発と量産化。量産電気自動車(デミオEV)の開発。アテンザASV-5の開発、自動運転技術開発車の開発などを担当。2015年より、統合制御 システム開発本部 主幹研究員、現在に至る。
一般社団法人プラスチック成形加工学会 理事、評議員。公益社団法人高分子学会中国四国支部・理事。国立大学法人東京工業大学・工学部・機械科学科・非常勤講師。一般社団法人自動車工業会・電動車両国際標準検討会の委員,SIP自動走行システム推進委員会の委員など歴任。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【講演2】:(14:00~14:50)
◆講演2のテーマと講師:【すべて決まりました】
『2020年に向けたIoTとネット&リアル融合の価値』
D4DR(株) 代表取締役 藤元 健太郎氏
http://www.d4dr.jp/
◆講演の概要:
・IoTとオムニチャネルにより変わるショッピングスタイル
・IoTによりサービス化するハードウェア
・仮想体験がもたらす体験価値マーケティング
―当日は以上のような要点についてお話しする予定です。
◆藤元健太郎氏の略歴:
1993年からインターネットビジネスの研究を開始し、1994年に野村総合研究所で日本最初のサイバービジネス実験サイトであるサイバービジネスパークをトータルプロデューサーとして立ち上げ、現在成功しているソフマップ、JTB、JCB、NTTDoCoMo、HONDAなどのインターネットビジネス参入の支援コンサルティングを実施。フロントライン・ドット・ジェーピー社ではSIPS事業の先駆けとして,多くのeビジネスを支援。現在もインターネット上のECやマーケティングなど各種ビジネスのコンサルティング、調査研究を進めている。
マルチメディアグランプリ、日本オンラインショッピング大賞などの審査員。経済産業省産業構造審議会情報産業分科会委員、青山学院大学大学院EMBA非常勤講師また各種コラムやレポートを執筆しており、日経MJ『奔流eビジネス』連載中。主な書籍として『サイバー市場の可能性』生産性出版,『28の攻略法でよくわかる,ネット&リアルのO2Oマーケティング』マイナビがある。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【講演3】:(15:00~15:50)
◆講演のテーマと講師:【すべて決まりました】
『オンラインビジネスの顧客満足度の半分がコレで決まりま
す』
アルゴスサービスジャパン株式会社
代表取締役 佐藤 茂之氏
http://www.argos-service.com/
◆講演の概要:
アルゴス(ARGOS)では,年間約3000ものウェブやアプリなどのオンラインサービスの配信性能測定を行っています。同じ業種業界でも速いサイトもあれば、なぜかもっさりと遅いサイトもあるのです。
特にECにおいてはサイトの配信スピードは接客そのものです。海外ではその重要性は深く認識されていましたが、ようやくここ日本でも多くのサイト運用者がそれに気づき始めています。今回の講演では、いかに費用をかけずにオンラインサービスの配信性能の最適化ができるのか、その方法について詳しくお話します。
◆佐藤茂之氏の略歴:
ワシントン州立大学(マーケティング専攻)卒業後、米国シリコンバレーのコンテンツ配信系企業の日本代表などを経て 2012年アルゴスサービスジャパン(株)を設立。ウェブサイトの配信性能に関する雑誌記事なども執筆。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【講演4】:(16:00~16:50)
◆講演4のテーマと講師:【すべて決まりました】
『驚くほど簡単に誰でも設置・販売できる販売ボタン「スト
アーズ・ドット・ジェーピー・ボタン」』
(株)ブラケット STORES.jp担当エンジニア 松本 拓也氏
http://bracket.co.jp/  https://stores.jp/button
◆講演の概要:
最近ではあらゆるウェブサイトやブログなどで、ソーシャルメディアに情報を共有するためのソーシャルボタンの設置が見受けられるようになりました。誰でも簡単に最短2分でオンラインストアを作ることができる『STORES.jp』で先日提供開始したバイボタン(購入ボタン)『ストアーズ・ドット・ ジェーピー・ボタン』は、ウェブサイトやブログ、ソーシャルメディアなど、あらゆるページや場所に誰でも設置することができ、とにかく簡単に商品を販売開始させることができる機能です。最短10秒で設置可能。こちらの機能の開発背景や使用例、今後の展開等についてお話しさせていただきます。
◆松本拓也氏の略歴:
静岡県生まれ。高校から大学までをニュージーランドで過ごす。2014年リンカーン大学卒業。 映画『ソーシャルネットワーク』を観てエンジニアを志し、株式会社ブラケットに新卒でエンジニアとして入社。STORES.jpに携わり、入社2週 間で新機能をリリース。その後、入社2か月で『ストアーズ ・ドット・ジェーピー・ボタン』の開発責任者として同サー ビスをリリースする。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●7/10(金)の『EC研フォーラム』のお早目のお申し込みを
歓迎します。お手数ですが参加費9千円を,7/8(水)までに
下段の口座宛てにお振り込みください。当日現金払いの場合
の参加費は1万円になります。
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687
EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
※領収書をご用意しておきますので、受付で名刺と交換の形
でお受け取りください。
——————————————————–
○7/10(金)午後の『EC研フォーラム』に、
(1)参加します。
○お名前:
○御社名:
○ご所属:
○お役職:
○TEL:
○FAX:
○Eメール:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。

==============================
■O2O&オムニチャネル戦略・戦術の実務書の電子版『28の
攻略法でよくわかる ネット&リアルのO2Oマーケティング』
が発売されました。電子書籍の定価は1500円(税込み)です。
★おかげさまで、同書の韓国版が出版されることが決まりました。
※【ご購入サイト】は下記の通りです。
http://curated-media.com/eaport/pub_o2o.html
———————————————————–
『EC研究会』(NPO)/『生命経済研究所(NGO)』(通称:
シニア・マーケ研)/『アジア経研究所』/『エコ研究所』/合
同事務局/『情報経済新聞』『生命経済新聞』『アジア経済新聞』
/編集部 代表・土屋憲太郎 伊東・児玉ほか。
〒167-0022 東京都杉並区下井草3-14-18・201
(西武新宿線『下井草駅』南口下車・徒歩7分,旧早稲田通り沿い)
TEL: 03-6913-9103  FAX: 03-6913-9104
Eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp HP: http://ecken.jp/
==============================

「シニアビジネス研究所」ビジネス提案セミナー第一弾 首都直下型地震で想定される最大火災原因「通電火災」防止機器 「感震ブレーカー」ビジネスセミナー 7月27日開催

玉腰泰三個人事務所(http://taizotamakoshi.jp)が属する「シニアビジネス研究所」(http://hito.bz)は、6月27日、プレスリリースを行いました。ご覧いただければありがたいです。
よろしくお願いします。

玉腰泰三 個人事務所 プレスリリースページ
「シニアビジネス研究所」ビジネス提案セミナー第一弾
首都直下型地震で想定される最大火災原因「通電火災」防止機器
「感震ブレーカー」ビジネスセミナー 7月27日開催
http://taizotamakoshi.jp/blog2/?p=439

以下プレスリリース転載

○「シニアビジネス研究所」 ビジネス提案セミナー

シニアビジネス研究所が提唱する、アクティブシニアが「雇われない形態で、自立性の高い仕事」を行うにあたり、社会性あるビジネスを行うことが重要と考えております。社会性あるビジネスを主体的に行うことで人や社会に役に立つ実感が得られます。その実感は、モチベーションの高揚や持続性、そして生きがいに繋がります。
アクティブなシニアの方々に向けて、そのような社会性あるビジネスを多数提案していきたいと考えております。

ビジネス提案セミナー第一弾(7月27日開催)は、シニアビジネス研究所 古橋 俊夫より、地震が発生したときにその被害を最小限にする「減災対策」の具体的方法、「通電火災」防止のための「感震ブレーカー」、そしてそれを絡めた「社会性の高いビジネス」について講演させていただきます。

○ビジネス提案セミナーは、以下の内容で行います。
【日時】 7月27日(月曜日)午後1時30分から3時まで
【場所】 シニアビジネス研究所 会議室 東京都北区赤羽北2-1-1
【内容】 シニアビジネス研究所 「感震ブレーカー」ビジネスセミナー
【講師】 シニアビジネス研究所 古橋 俊夫
【費用】 無料
【定員】 先着10名
【主催】 シニアビジネス研究所  http://hito.bz
【お申込み】シニアビジネス研究所 事務局(株)パワーミュージック 堀達朗まで
電話 03-3364-1891 メール info@powermusic.co.jp

今回のセミナーは
・首都直下型地震で想定される最大の火災原因の「通電火災」とはどのようなものか。
・「通電火災」防止のための「感震ブレーカー」とはどのようなものか。
・類焼防止のための効果的な「感震ブレーカー」の普及はどのようにしたら良いか。
・「感震ブレーカー」の普及活動をビジネスとして推進する方法
について、映像を交えご説明いたします。

「感震ブレーカー」について
最近大きなゆれを感じる地震が頻発しており、私たちは首都直下型地震に関する対応を考えざるを得ない状況です。
地震の発生を防ぐことは出来ませんが、発生したときにその被害を最小限にする「減災対策」は出来ます。
多くの町内会や自治会で災害対策としての防災組織の編成や対応のための訓練を行なっていますが、これに増して、地震の発生前に行なう「地域で行なう減災対策」が、今、求められています。
国は首都直下型地震での被害想定における「減災対策」では「火災とその類焼による被害をなくすことが最重要課題」としており、本年2月に通電火災を防止するための「感震ブレーカー」のガイドラインを定め、国は「感震ブレーカー」の設置普及で火災の発生を食い止めようとしています。

○シニアビジネス研究所について
シニアビジネス研究所は、「アクティブシニアが求める社会的に有意義で価値ある仕事は雇われない形態で、自立性の高い仕事!」をテーマに、2013年2月「60歳からの仕事ガイド事業」を開始、2年経過し2015年2月16日、同メンバーは、更なる事業発展を目的に、「シニアビジネス研究所」を創設いたしました。
創設記念セミナーを3月14日に日本女子会館(浜松町)にて開催しました。

シニアビジネス研究所は、シニアの新しい働き方、雇われない働き方、シニアの能力を活かせる新たなビジネスモデルを研究・実践するメンバー6名による研究所です。シニアビジネス研究所は、以下の活動を行なっております。
1.「知的労働、事務職を経験したシニアの能力が活かされるビジネス、ビジネスモデル」の情報収集と研究活動
2.研究活動の情報提供活動
・WEBサイト、メールマガジン、Facebook、Twitter、YouTube
・セミナー、研修、出版活動
研究所メンバー、また外部よりゲスト講師によるセミナー開催。
研究所メンバーによる研修サービス、出版サービス。
3,新たなビジネスの企画・開発
複数社、複数人による協業プロジェクトにより新規ビジネスの開発。

○研究所 メンバー
所長
上田 信一郎

メンバー
古橋 俊夫
大谷 久行
堀 達朗
玉腰 泰三
ほか1名

○シニアビジネス研究所 事務局
株式会社 パワーミュージック
東京都新宿区百人町 2-12-15
TEL:03-3364-1891

○シニアビジネス研究所 ホームページ
http://hito.bz

★第192回【EC研フォーラム】★ ■日時:2015年6月12日(金):13:00~17:00、株式会社JTB総合研究所、株式会社ローソン、株式会社チームのちから、株式会社ハイタイム

玉腰泰三個人事務所(http://taizotamakoshi.jp/)が支援するEC研究会(http://ecken.jp/)の【EC研フォーラム】をお知らせさせていただきます。

1人でも多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

以下案内文転載
☆====================================================☆
★第192回【EC研フォーラム】★
■日時:2015年6月12日(金):13:00~17:00
■会場:
東京都千代田区麹町3-6 住友不動産麹町ビル3号館
(株)KDDIウェブコミュニケーションズ6階会議室
電話:03-3238-5780 (代表/受付時間10:00~18:00)
◇最寄リ駅:
・有楽町線『麹町駅』3番出口・徒歩2分
・半蔵門線『半蔵門駅』3a出口・徒歩4分
・JR線『四ッ谷駅』四谷出口・徒歩11分
◇案内図:
http://www.kddi-webcommunications.co.jp/corporate/map.html
☆====================================================☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【講演1】:(13:00~13:50)
◆講演のテーマと講師:【すべて決まりました】
『インバウンド消費の過去・現在・未来』
株式会社JTB総合研究所 MICE戦略室
主席研究員 太田 正隆氏
http://www.tourism.jp/
◆講演の概要:
1.インバウンドの過去:
・インバウンドの足跡
・オリンピック、博覧会等のメガイベント
・経済大国ニッポン
2.インバウンドの現在:
・ものつくりと観光立国への道
・アジアとの多様な競争
・規制緩和(ビザ、消費税等)
3.インバウンドの未来:
・訪日外国人数のデータ評価
・訪日外国人消費額のデータ評価
・訪日外国人の未来評価
―当日は以上のような諸点についてお話しする予定です。
◆太田正隆氏の略歴:
1954年生、明治大学文学部・地理学専攻卒、明治大学大学院博士前期課程・政治学研究科修了。ICSコンベンションデザイン入社、国際会議、イベント、インセンティブ、展示会などの企画運営中心のMICE担当。2005年コンベンション総合研究所所長就任。2011年JTBグローバルマーケティング&トラベル、GMTツーリズム総合研究所などでインバウンドを担当。2012年JTB総合研究所・MICE戦略室主席研究員に就任。淑徳大学兼任講師(観光経営学科)、東京国際大学客員教授(国際関係学科)、慶應大学大学院特任教授(グローバル人材)。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【講演2】:(14:00~14:50)
◆講演2のテーマと講師:【すべて決まりました】
『健康を軸にしたネット&リアル市場創造の可能性』
株式会社ローソン 営業戦略本部 部長
鈴木 一十三(ひとみ)氏
◆講演の概要:
・ローソンの健康取り組み(なぜ健康か、商品開発、ローソン
ファーム、健康意識)
・ローソンの地域産品への取り組み(ローソンフレッシュ(大
地を守る会など、食文化、農業女子)
・ネット&リアルでの市場創造へのチャレンジ(佐川G)
当日は上記3ポイントについてお話しさせていただきます。
◆鈴木一十三氏の略歴:
1999年(株)ローソンに入社し、店舗勤務及び本社人事部門を経験後、ナチュラルローソンでは野菜、エリア商品ではベーカリーとデザートの商品開発を担当。その後本社商品戦略部門にて営業計画策定までのプロセスを担当。また2009年発売の弊社代表商品『プレミアムロールケーキ』の社内横断プロジェクトメンバーの一員として奮闘。2011年~2012年には内閣官房『国家戦略室』に出向し政府の成長戦略立案、国家戦略担当大臣の報道関連を担当。2013年ローソンに復社し女性活躍推進の一環として『スマートウーマン推進プロジェクト』を設立。現在は、2013年10月に設定した会社のキャッチフレーズ『マチの健康ステーション』推進のため、社長の玉塚を委員長とする『健康ステーション推進委員会』事務局長として、ローソンの健康ステーションとしての役割を社内コンセンサスを取りながら、また他社・省庁自治体などと連携しながらマチの健康ステーションの推進を図っている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【講演3】:(15:00~15:50)
◆講演3のテーマと講師:【すべて決まりました】
『新生マクドナルド経営の突破口』
(株)チームのちから 代表取締役 植竹 剛氏
※植竹剛氏にはEC研究会の新理事にご就任いただきます。
◆講演の概要:
・現在の資本の棚卸し
・FC企業が本当に言いたいこと
・経営視点と現場視点のギャップを埋めるには
・突破口のカギを握るのは誰か
―当日は、以上のような諸点についてお話しする予定です。
◆植竹剛(うえたけ・つよし)氏の略歴:
東京都板橋区生まれ。株式会社チームのちから代表取締役。店長養成道場・道場主。 アルバイト活用コンサルタント。日本大学国際関係学部卒業後、(株)ロッテリアに入社。以来常に業績、諸制度の立て直しを合計100回以上経験。アルバイトとの面接・採用数は延べ20,000人を超える。現在の事業内容は①研修・セミナー ②店舗業績向上トータルコンサルティング ③ミステリーアルバイト(注・植竹氏の造語です)。店長職とアルバイトにスポットを当て、業績向上支援・人材成長支援を行っている。店舗の域に留まらず、どのような組織でも必ずある歪みを正し根本からの改善を行う。必要な人材を探すエリアマーケティングを実施、スカウトを直接掛ける離れ技もこなす。著書に明日香出版社『「できる店長」と「ダメ店長」の習慣』日経BP社【『店長養成道場』~落ちこぼれスタッフから最強のチームを作る極意~】などがある。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【講演4】:(16:00~16:50)
◆講演のテーマと講師:【すべて決まりました】
『TV電話や動画で、物件の相談・見学ができる賃貸サイト
【カリル】』
株式会社ハイタイム 代表取締役社長 片岡 拓氏
http://high-time.co.jp/
https://cariru.net/
◆講演の概要:
・現状の不動産ビジネスの構造
・借主が抱えている課題
・『カリル』でのネットを使った様々な取り組み
―当日は以上のようなポイントについてお話しする予定です。
◆片岡拓氏の略歴:
2013年、大学3年在学中に株式会社ハイタイムを創業。2015年に慶應義塾大学商学部を卒業。現在はIT×不動産のサイト『カリル』の運営責任者を担当。19992年、大阪府生まれ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●6/12(金)の『EC研フォーラム』のお早目のお申し込みを
歓迎します。お手数ですが参加費9千円を、6/10(水)までに
下段の口座宛てにお振り込みください。当日現金払いの場合
の参加費は1万円になります。
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687
EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
※領収書をご用意しておきますので、受付で名刺と交換の形
でお受け取りください。
——————————————————–
○6/12(金)午後の『EC研フォーラム』に、
(1)参加します。
○お名前:
○御社名:
○ご所属:
○お役職:
○TEL:
○FAX:
○Eメール:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。

==============================
■O2O&オムニチャネル戦略・戦術の実務書の電子版『28の攻略法でよくわかる ネット&リアルのO2Oマーケティング』が発売されました。電子書籍の定価は1500円(税込み)です。
★おかげさまで、同署の韓国版が出版されることが決まりました。
※【ご購入サイト】は下記の通りです。
http://curated-media.com/eaport/pub_o2o.html
———————————————————–
『EC研究会』(NPO)/『生命経済研究所(NGO)』(通称:シニア・マーケ研)/『アジア経研究所』/『エコ研究所』/合同事務局/『情報経済新聞』『生命経済新聞』『アジア経済新聞』 /編集部 代表・土屋憲太郎 伊東・児玉ほか。
〒167-0022 東京都杉並区下井草3-14-18・201
(西武新宿線『下井草駅』南口下車・徒歩7分,旧早稲田通り沿い)
TEL: 03-6913-9103  FAX: 03-6913-9104
Eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp HP: http://ecken.jp/
==============================

★第191回【EC研フォーラム】★『オムニチャネル化の推進』『15,000社が導入するビジネスコミュニケーションプラットフォーム【Talknote】の魅力』『クラウド市場の過去・現在・未来』『ウェブ接客プラットフォーム【KARTE(カルテ)】~ECサイトで個客にあわせたリアルのような接客を実現しよう!』

玉腰泰三個人事務所(http://taizotamakoshi.jp/)が支援するEC研究会(http://ecken.jp/)の【EC研フォーラム】をお知らせさせていただきます。

1人でも多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

以下案内文転載
☆====================================================☆
★第191回【EC研フォーラム】★
■日時:2015年5月15日(金):13:00~17:00
■会場:
東京都千代田区麹町3-6 住友不動産麹町ビル3号館
(株)KDDIウェブコミュニケーションズ6階会議室
電話:03-3238-5780 (代表/受付時間10:00~18:00)
◇最寄リ駅:
・有楽町線『麹町駅』3番出口・徒歩2分
・半蔵門線『半蔵門駅』3a出口・徒歩4分
・JR線『四ッ谷駅』四谷出口・徒歩11分
◇案内図:
http://www.kddi-webcommunications.co.jp/corporate/map.html
☆====================================================☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【講演1】:(13:00~13:50)
◆講演のテーマと講師:【すべて決まりました】
『オムニチャネル化の推進』
※4/17日経MJ7面でオンワードHD新社長の保元氏はインタビューに答える形で、直営ECサイトだけで,すでに100億円超の売上高があることを明言されています。
株式会社オンワード樫山 顧客管理・環境経営部
顧客管理課(オムニチャネルプロジェクトマネージャー)
課長 白井 秀樹氏
http://www.onward.co.jp/
◆講演の概要:
・Eビジネスの概要
・オンワードメンバーズの導入
・ネットと店舗の連携
・オンワード公式アプリのリリース
―当日は以上のようなポイントについてお話しする予定です。
◆白井秀樹氏の略歴:
1988年オンワード樫山に入社。宣伝部、広報部等を経て、現在は今春に新設された顧客管理課の課長として、オンワードメンバーズの推進と オムニチャネルプロジェクトマネージャーを担当。神奈川県横浜市生まれ。東海大学・工学部・通信工学科を卒業。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【講演2】:(14:00~14:50)
◆講演2のテーマと講師:【すべて決まりました】
『15,000社が導入するビジネスコミュニケーションプラットフォーム【Talknote】の魅力』
トークノート株式会社 マーケティング/セールス担当
取締役 湯浅 巌氏
http://talknote.com/
◆講演の概要:
企業が抱える多くの問題の原因はコミュニケーションにあると考えています。現在、15,000社以上の導入実績がある【Talknote(トークノート)】の概要と、成果を出された事例と可能性についてお話させていただきます。
・【Talknote】とは?
・選ばれる理由
・企業における具体的な活用方法
・得られる価値
◆湯浅巌氏の略歴:
2001年に株式会社オプト入社後、営業部門にて顧客企業のインターネットマーケティングの戦略立案・実行に携わる。
営業部門の責任者を経て2010年に退職。
その後、サイジニア株式会社を経て、2011年よりオプトとCCCのJVである株式会社Platform ID設立に伴い復職、取締役に就任。新規事業企画から推進までを担当。
2014年7月よりマーケティング/セールス部門の責任者としてトークノートに参画し、取締役に就任。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【講演3】:(15:00~15:50)
◆講演3のテーマと講師:【すべて決まりました】
『クラウド市場の過去・現在・未来』
株式会社テラスカイ 代表取締役社長 佐藤 秀哉氏
http://www.terrasky.co.jp/
◆講演の概要:
・成長を続けるクラウド市場の歴史を紐解き、これからのIT市場はどのように変革していくか、テラスカイの成長と戦略を交えながらご紹介します。
・クラウドの真のメリットは情報システムの効率化、コスト削減ではなく、ビジネスにイノベーションをもたらし、企業競争力を高めることであることを事例を交えお伝えします。
◆佐藤秀哉氏の略歴:
新潟県出身、東京理科大学・情報科学科卒。日本アイ・ビー・エム株式会社に入社し、年間最優秀営業部員に送られるセールス・オフィサー賞を受賞。
2001年セールスフォース・ドットコム日本法人の立ち上げに参画し、その後株式会社ザ・ヘッドの社長に就任。
2006年3月に、株式会社テラスカイを設立、現在に至る。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【講演4】:(16:00~16:50)
◆講演4のテーマと講師:【すべて決まりました】
『ウェブ接客プラットフォーム【KARTE(カルテ)】~ECサイトで個客にあわせたリアルのような接客を実現しよう!』
株式会社プレイド 代表取締役 兼 CEO 倉橋 健太氏
https://plaid.co.jp/
◆講演の概要:
ECサイトでリアルのお店のような接客を実現するウェブ接客プラットフォーム『KARTE(カルテ)』について,お話しいたします。
・ウェブ接客とは?
・なぜいま接客なのか
・接客に必要な要素
・『KARTE(カルテ)』の魅力
・ウェブ接客事例
◆倉橋健太氏の略歴:
同志社大学卒業後、2005年4月に楽天株式会社へ新卒で入社。楽天市場事業において、サイト戦略構築およびモバイル戦略、広告戦略など多岐にわたり担当。
2011年10月に株式会社プレイドを創業し、ウェブ接客プラットフォーム『KARTE(カルテ)』における事業戦略,およびサービス構築全般を統括。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●5/15(金)の『EC研フォーラム』のお早目のお申し込みを歓迎します。お手数ですが参加費9千円を、5/12(火)までに下段の口座宛てにお振り込みください。
当日現金払いの場合の参加費は1万円になります。
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687
EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
※領収書をご用意しておきますので、受付で名刺と交換の形でお受け取りください。
——————————————————–
○5/15(金)午後の『EC研フォーラム』に、
(1)参加します。
○お名前:
○御社名:
○ご所属:
○お役職:
○TEL:
○FAX:
○Eメール:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。

==============================
■O2O&オムニチャネル戦略・戦術の実務書の電子版『28の攻略法でよくわかる ネット&リアルのO2Oマーケティング』が発売されました。電子書籍の定価は1500円(税込み)です。
★おかげさまで、同署の韓国版が出版されることが決まりました。
※【ご購入サイト】は下記の通りです。
http://curated-media.com/eaport/pub_o2o.html
———————————————————–
『EC研究会』(NPO)/『生命経済研究所(NGO)』(通称:シニア・マーケ研)/『アジア経研究所』/『エコ研究所』/合同事務局/『情報経済新聞』『生命経済新聞』『アジア経済新聞』 /編集部 代表・土屋憲太郎・児玉・鄒(スウ)・金田ほか。
〒101-0051東京都千代田区神田神保町3-11-4 原口ビル6F
(半蔵門線・神保町駅A1・徒歩3分、新集英社ビルの並び)
TEL: 03-3515-7175  FAX: 03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp HP: http://ecken.jp/
==============================

第190回【EC研フォーラム】

玉腰泰三個人事務所(http://taizotamakoshi.jp/)が支援するEC研究会(http://ecken.jp/)の【EC研フォーラム】をお知らせさせていただきます。

以下案内文転載

★第190回【EC研フォーラム】★
■日時:2015年4月10日(金):13:00~17:00
■会場:
東京都千代田区麹町3-6 住友不動産麹町ビル3号館
(株)KDDIウェブコミュニケーションズ6階会議室
電話:03-3238-5780 (代表/受付時間10:00~18:00)
◇最寄リ駅:
・有楽町線『麹町駅』3番出口・徒歩2分
・半蔵門線『半蔵門駅』3a出口・徒歩4分
・JR線『四ッ谷駅』四谷出口・徒歩11分
◇案内図:
http://www.kddi-webcommunications.co.jp/corporate/map.html
☆====================================================☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【講演1】:(13:00~13:50)
◆講演1のテーマと講師:【すべて決まりました】
『【ソーシャルインサイトラボ】が繰り出す新マーケティング戦略』
◇株式会社NTTデータ ソーシャルビジネス推進室
課長 佐藤 勇一郎氏
http://www.nttdata.com/jp/ja/index.html
◇株式会社電通 iPR局
情報戦略プランニング部
チーフ・コンサルタント 江頭 瑠威氏
http://www.dentsu.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【講演2】:(14:00~14:50)
◆講演2のテーマと講師:【すべて決まりました】
『経営者でもわかるデータ分析、ビッグデータ分水嶺~結果の出ないデータ分析はなぜ起きるのか~』
株式会社データビークル 代表取締役 油野 達也氏
http://www.dtvcl.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【講演3】:(15:00~15:50)
◆講演3のテーマと講師:【すべて決まりました】
『ECサイトにピッタリな動画が簡単に、自分で撮影できるアプリ【ワンロール・フォー・ビジネス】の魅力』
株式会社フレイ・スリー 代表取締役CEO 石田 貢氏
http://hurray3.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【講演4】:(16:00~16:50)
◆講演4のテーマと講師:【すべて決まりました】
『ヘルスケアコンサルティングマネージャー(TM)が国民の健康を牽引(薬剤師が学ぶ健康管理照査技術のeラーニングを含む教育プログラムと提供するコンサルティングサービス、取得者ロードマップ)』
株式会社HMCエデュケーション 代表取締役社長 塚田 紀理氏
http://hmc-e.com
株式会社ヘルスメディカルコーチング
http://www.hmc-medic.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●以上、お早目のお申し込みを、スタッフ一同、心からお待ち
しています。

==============================
■O2O&オムニチャネル戦略・戦術の実務書の電子版『28の攻略法でよくわかる ネット&リアルのO2Oマーケティング』が発売されました。電子書籍の定価は1500円(税込み)です。
★おかげさまで、同署の韓国版が出版されることが決まりました。
※【ご購入サイト】は下記の通りです。
http://curated-media.com/eaport/pub_o2o.html
———————————————————–
『EC研究会』(NPO)/『生命経済研究所(NGO)』(通称:シニア・マーケ研)/『アジア経研究所』/『エコ研究所』/合同事務局/『情報経済新聞』『生命経済新聞』『アジア経済新聞』 /編集部 代表・土屋憲太郎・児玉・鄒(スウ)・金田ほか。
〒101-0051東京都千代田区神田神保町3-11-4 原口ビル6F
(半蔵門線・神保町駅A1・徒歩3分、新集英社ビルの並び)
TEL: 03-3515-7175   FAX: 03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp HP: http://ecken.jp/
==============================

玉腰泰三が関係する3月のイベントを3つご案内させていただきます。

玉腰泰三が関係する3月のイベントを3つご案内させていただきます。
1人でも多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

1,3月13日(金) 13:00-17:00 住友不動産麹町ビルにて開催
【EC研シンポジウム】EC分野・各賞の授賞式+「SPA(製造小売り)戦略とオムニチャネル戦略の果たす役割」講演とパネルディスカッション
http://taizotamakoshi.jp/blog2/?p=337

2,3月14日(土) 13:30-15:00 日本女子会館にて開催
生きがいと、経済的安定を目指すシニアに向け 「シニアビジネス研究所」2月16日創設! 創設記念セミナー
http://taizotamakoshi.jp/blog2/?p=325

3.3月19日(木) 19:00-20:30 虎ノ門ヒルズ森タワーにて開催
オムニチャネル時代のダイレクトマーケティング
—Gapから見た、顧客接点・ブランド体験としてのEC
https://www.facebook.com/events/458334860980151/

———————————————————————–
玉腰泰三 個人事務所 代表
pro@taizotamakoshi.jp
http://taizotamakoshi.jp
フェイスブック
http://www.facebook.com/taizo.tamakoshi
———————————————————————– 
PR
電子書籍をAmazonで販売しています。
会社と人を進化させる「新商品開発・新事業開発」玉腰泰三 (著)
http://goo.gl/jaKr7
———————————————————————– 

3月13日(金)【EC研シンポジウム】EC分野・各賞の授賞式+「SPA(製造小売り)戦略とオムニチャネル戦略の果たす役割」講演とパネルディスカッション

玉腰泰三個人事務所(http://taizotamakoshi.jp/)が支援するEC研究会(http://ecken.jp/)の3月13日【EC研シンポジウム】をお知らせさせていただきます。

当日は、日本オンラインショッピング大賞などEC分野・各賞の授賞式、『ネットとリアル融合の価値創造を求めて ―SPA(製造小売り)戦略とオムニチャネル戦略の果たす役割―』をテーマにした講演やパネルディスカッションが開催されます。

1人でも多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

下記要項にてお申込みいただきました際には、私宛にメールにてご連絡をいただければ幸いです。
よろしくお願いします。

———————————————————————–
玉腰泰三 個人事務所 代表
pro@taizotamakoshi.jp
http://taizotamakoshi.jp

Facebook
http://www.facebook.com/taizo.tamakoshi
———————————————————————–

以下案内文転載

☆====================================================☆
★第5回【EC研シンポジウム】★
■議題:『ネットとリアル融合の価値創造を求めて
―SPA(製造小売り)戦略とオムニチャネル戦略の
果たす役割―』
■日時:2015年3月13日(金)13:00~17:00
■会場:
東京都千代田区麹町3-6 住友不動産麹町ビル3号館
(株)KDDIウェブコミュニケーションズ6階会議室
電話:03-3238-5780 (代表/受付時間10:00~18:00)
◇最寄リ駅:
・有楽町線『麹町駅』3番出口・徒歩2分
・半蔵門線『半蔵門駅』3a出口・徒歩4分
・JR線『四ッ谷駅』四谷出口・徒歩11分
◇案内図:
http://www.kddi-webcommunications.co.jp/corporate/map.html
☆====================================================☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■第1部:13:00~13:40 EC分野・各賞の授賞式(40分間)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■第2部:13:50~15:20 (90分間):
『ネットとリアル融合の価値創造を求めて―SPA(製造小売
り)戦略とオムニチャネル戦略の果たす役割―』
数社の幹部氏の基調報告を予定。
★【基調報告の予定先】:
1.メーカーECを推進されているA社。(予定)
2.ショッピングセンター運営支援のB社(内定)。
3.人工知能・機械学習のC社(決定)。
4.オムニチャネル戦略支援のD社(決定)。
5.ビッグデータ関連のE社(予定)。
◆最終的には、基調報告(4名様前後×各20分程度)のご登場を
予定しています。
※司会進行はEC研の土屋が努めさせていただきます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Ⅲ■第3部:15:30~17:00 (90分間):
『ネットとリアル融合の価値創造を求めて―SPA(製造小売
り)戦略とオムニチャネル戦略の果たす役割―』を巡り,5社
前後の経営陣を中心にしたパネルディスカッション(PD)を
予定。
★【PDご出演の予定先】:
1.J.フロント リテイリング様が内定(人選中)しています。
———————————————————-
2.(株)松屋 取締役・本店長 古屋 毅彦氏。
【おかげさまで、決定しました】
◆古屋毅彦氏の略歴:
鋭意準備中です。もう少々お待ちください。
———————————————————-
3.(株)キタムラ 執行役員 EC事業部長 逸見 光次郎氏
【おかげさまで、決定しました】
◆逸見(へんみ)光次郎氏の略歴:
1970年生まれ。学習院大学・文学部史学科卒。1994年、三省
堂書店に入社。神田本店、成田空港店、相模大野店、八王子
店に勤務。1999年、ソフトバンク入社。イーショッピングブ
ックスを立ち上げ(現:セブンネットショッピング)。
2006年、アマゾンジャパンに入社。ブックスマーチャンダイ
ザー。2007年、イオン入社。イオンリテール事業企画担当に
てネットスーパー事業を立ち上げ。のちイオンデジタルビジ
ネス事業戦略を担当。
2011年、キタムラ入社。執行役員・EC事業部長。Eコマー
スに飛び込んだ動機は、本来、定価販売の本が、住んでいる
場所によって入手しづらかったり、交通費などコストが余計
にかかるという問題意識からです。
———————————————————-
4.(株) tab 代表取締役社長 兼 CEO  谷口 昌仁氏
【おかげさまで、決定しました】
◆谷口昌仁氏の略歴:
CEOとして『tabアプリ』と『tabモール』のサービス企画
から設計まで、サービス構築の全般を直接リード。通商産業
省(現経済産業省)課長補佐、内閣総理大臣官邸・総理秘書
官補、楽天株式会社・執行役員を経て,2011年に株式会社tab
(旧:頓智ドット株式会社)のCEOに着任。京都大学・工
学修士。ハーバード大学・行政経営学修士。南カリフォルニ
ア大学(USC)MBA。
———————————————————-
5.カラフル・ボード(株) 代表取締役CEO 渡辺 祐樹氏
【おかげさまで、決定しました】
◆渡辺祐樹氏の略歴:
2005年慶應義塾大学・理工学部卒。システム工学を専攻し、
人工知能アルゴリズム研究に従事。同年(株)フォーバル(ジ
ャスダック)入社。約5,000人が応募(採用20名)した『アント
レプレナー制度』1期生。大久保秀夫(現・会長)より直接ア
ントレプレナーシップを学ぶ。2007年IBMビジネスコンサ
ルティングサービス(株)(旧・PWC)入社、戦略コンサルタ
ントとして製造業・サービス業の事業戦略策定、組織再編、
業務変革などに従事。2009年、コンサルティングファーム在
籍中に公認会計士試験に合格。働きながら1年間で合格した
ノウハウを、大手予備校の講演会や書籍執筆等で公開。日本
公認会計士協会所属。2011年11月、人工知能の活用でアパレ
ル業界の変革を目指し、カラフル・ボード株式会社を設立、
代表取締役就任。2012年4月より、世界で最も歴史のあるフ
ァッションスクールESMOD(エスモード)東京校(本校:パリ)
にて、非常勤講師に就任。
———————————————————-
◆上記のパネリスト5名様を予定しています。
※司会進行はEC研の土屋が努めさせていただきます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●3/13(金)のEC研主催の【春のシンポジウム】のお申し込
みを歓迎します。お手数ですが参加費1万円を,3/6(金)まで
に下段の口座宛てにお振り込みください。
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687
EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
※領収書をご用意しておきますので、受付で名刺と交換の形で
お受け取りください。
——————————————————–
○3/13(金)午後の『EC研シンポジウム』に、
(1)参加します。
○お名前:
○御社名:
○ご所属:
○お役職:
○TEL:
○FAX:
○Eメール:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。

==============================
■O2O&オムニチャネル戦略・戦術の実務書の電子版『28の
攻略法でよくわかる ネット&リアルのO2Oマーケティング』
が発売されました。電子書籍の定価は1500円(税込み)です。
★おかげさまで、同署の韓国版が出版されることが決まりました。
※【ご購入サイト】は下記の通りです。
http://curated-media.com/eaport/pub_o2o.html
———————————————————–
『EC研究会』(NPO)/『生命経済研究所(NGO)』(通称:
シニア・マーケ研)/『アジア経研究所』/『エコ研究所』/合
同事務局/『情報経済新聞』『生命経済新聞』『アジア経済新聞』
/編集部 代表・土屋憲太郎・児玉・鄒(スウ)・金田ほか。
〒101-0051東京都千代田区神田神保町3-11-4 原口ビル6F
(半蔵門線・神保町駅A1・徒歩3分、新集英社ビルの並び)
TEL: 03-3515-7175   FAX: 03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp HP: http://ecken.jp/
==============================

生きがいと、経済的安定を目指すシニアに向け 「シニアビジネス研究所」2月16日創設! 創設記念セミナー 3月14日日本女子会館(浜松町)にて開催

生きがいと、経済的安定を目指すシニアに向け

「シニアビジネス研究所」2月16日創設!
創設記念セミナー 3月14日日本女子会館(浜松町)にて開催

シニアビジネス研究所 セミナー申し込みフォームは以下のアドレスです。

http://kokucheese.com/event/index/273982/

○概要
シニアビジネス研究所のプロジェクトメンバーは、「ホワイトカラーが求める社会的に有意義で価値ある仕事は雇われない形態で、自立性の高い仕事!」をテーマに、2013年2月「60歳からの仕事ガイド事業」を開始し、多数の方からのご評価、ご賛同をいただきながら、2年を経過しました。

2015年2月16日、同メンバーは、更なる事業発展を目的に、「シニアビジネス研究所」を創設いたします。

シニアビジネス研究所 創設に際しまして、記念セミナーを3月14日に日本女子会館(浜松町)にて開催します。

○創設記念セミナー
シニアビジネス研究所は、「雇われない形態で、自立性の高い仕事」を行うにあたり、インターネットを有効に活用することが重要と考えております。どのような業務を行うにしても、自立性の高いビジネスを行うには、自身の価値を認めていただき、代価を払ってもらえる相手が必要です。
そのような相手(お客様)とのマッチングには日々、PR、宣伝(=情報を発信)する必要があります。

創設記念セミナーは、シニアビジネス研究所 プロジェクトメンバー「堀達朗」より、パソコンやネットが苦手な方でも、自身のパソコンを活用しながら低予算でPRを成功させる方法を講演させていただきます。

創設記念セミナーは、以下の内容で行います。
【日時】 3月14日(土曜日)午後1時30分から3時30分まで
【場所】 日本女子会館(港区芝公園2-6-8)tel.03-3434-8082

日本女子会館ホームページ(アクセス方法)
http://www.jawe2011.jp/building/index.html#MAP
グーグル地図
http://goo.gl/xAlilU

交通案内:
JR(山手線・京浜東北線) :浜松町駅北口より8分
地下鉄(都営浅草線) :大門駅A6出口より5分
地下鉄(都営大江戸線) :大門駅A6出口より5分
地下鉄(都営三田線) :芝公園駅A3出口より2分
【内容】 ◆ネットが苦手な起業家が、小予算でPRを成功させる方法◆
【講師】 (株)パワーミュージック代表取締役堀達朗
【費用】 3,000円(税込み、当日受付にてお支払い下さい。)
【定員】 20名
【主催】 シニアビジネス研究所  http://hito.bz
【お申込み】
シニアビジネス研究所 セミナー申し込みフォームは以下のアドレスです。

http://kokucheese.com/event/index/273982/

(株)パワーミュージック 堀達朗まで
電話 03-3364-1891 メール info@powermusic.co.jp

「セミナー5大ポイント」
(1)少予算PRの成功はインターネットだ!
(2)外注任せではない、“いつでも自分で自由に更新できるホームページ”とは?
(3)魅力あるホームページづくりのコツ。
(4)フェイスブックなどのネット口コミPRは無料で簡単にできる!
(5)ネットPRも待っていただけではダメ。攻めるPRの手法とは?

○シニアビジネス研究所について
シニアの新しい働き方、雇われない働き方、シニアの能力を活かせる新たなビジネスモデルを研究・実践するプロジェクトです。シニアビジネス研究所は、以下の活動を開始します。

1.「知的労働、事務職を経験したシニアの能力が活かされるビジネス、ビジネスモデル」の情報収集と研究活動

2.研究活動の情報提供活動
WEBサイト、メールマガジン、Facebook、Twitter、(YouTube予定)

3.セミナー、研修、出版活動
研究所メンバー、また外部よりゲスト講師によるセミナーを開催します。研究所メンバーによる研修サービス、出版サービスを予定しております。

4,新たなビジネスの企画・開発
複数社、複数人による協業プロジェクトにより新規ビジネスの開発を行います。

○研究所 メンバー
所長
上田 信一郎

メンバー
古橋 俊夫
大谷 久行
堀 達朗
玉腰 泰三
そのほか

○シニアビジネス研究所 事務局
株式会社 パワーミュージック
東京都新宿区百人町 2-12-15
TEL:03-3364-1891

○シニアビジネス研究所 ホームページ
http://hito.bz

○背景
高齢社会を迎えてシニアビジネスに注目が集まっています。
しかし、シニアビジネスはシニアを消費者としてとらえるマーケッティングからの視点で注目が集まっているものです。
シニア自身は社会的にリタイアを求めているのではなく、もっと働き続けて社会と接点を持っていきたいというのがアンケート結果に現れています。

しかし、サラリーマン社会(勤労者)で長く過ごした結果自ら発想し、行動し、開拓していく起業精神が薄れております。どうしても雇用を望んでしまうのではないでしょうか。
残念ながら高齢者の雇用は、軽作業や清掃、管理人などがほとんどで、ホワイトカラーの方には、どうしても抵抗があるのではないでしょうか。ホワイトカラーが求める社会的に有意義で価値ある仕事は雇われない形態で、自立性の高い仕事ではないでしょうか。

自己実現と自己責任は表裏一体です。
生きがいとやりがいは指示され命令されて得られるものではありません。

シニア世代にとっても、自らを消費者だけではなく生産者でもあり続ける生涯現役精神は重要なのではないでしょうか。

少なくとも指示され与えられる人生から、自ら求め行動する生き方を求めるアクティブシニアであるべきなのではないでしょうか。

シニアビジネス研究所はこのようなアクティブシニアであろうとされる方、また、より若い年代の方でも今から高齢期に備えて自立した人生を送ろうとする方へ情報をお伝えし、またあらたなビジネスとの出会いの機会をつくるものです。不慣れ、不安な新たな展開に対し、シニアビジネス研究所は支援いたします。

皆様のご利用、ご活用いただければ幸いです。

○シニアビジネス研究所 プロジェクトメンバーの特長
シニアビジネス研究所の強みは、プロジェクトメンバーそれぞれ全く異なるビジネス人生を歩んだことによる個々の多岐にわたるスキル、経験の集団で“これからのシニアの働き方”を研究、実践している点です。

研究所員共通の経験は、大企業や大組織員を経験したのち、シニアの新しい働き方、雇われない働き方を長年試行錯誤しながら実践しています。

プロジェクトメンバー各自それぞれは、自らの判断と決断により、起業、個人事業、執筆、出版、コンサルタント、講師、代理店など異なる道を歩みながら、様々な成功と失敗を経験しました。大企業、大組織に属することで実現可能なビジネス、それによる個人的なメリット、一方それによるデメリットを知り尽くしたメンバーです。

低成長時代、少子高齢化社会では、組織や国家に依存する、また定年後も長年所属していた組織に依存、現役世代・若年層たちにお世話になる(寄生する)ことには限界が見えています。年金、医療、企業、年功序列・・・・・。

シニアビジネス研究所は、自分の経験や知識を活かし、個々の納得する独立した生き方により、社会的課題を解決し、収入を得ることを目指すプロジェクトメンバーにより運営されています。

自治体や政治、また従来の大企業中心の経済システム、政治システムでは解決不可能な社会的課題の解決、少子高齢化社会時代・シニアの新しい働き方の実現を実践するメンバーが集っています。

この考え方は、超高齢化社会において発生する様々な社会的課題を、インターネット、ICTを活用し、解決しようとする総務省の「スマートプラチナ社会」構想もスタートしており追い風です。

メンバー一同はサラリーマン時代では出来なかった新しい自己実現と新たな収入を実現しています。

シニアビジネス研究所の強みは、プロジェクトメンバー一同が新しいシニアビジネスに取組んだ経験と実績があり、事業や商品を創造する思考スキルと独自体制があることです。

いまだに解決策、答えが見いだせないシニアの新しい働き方、雇われない働き方に試行錯誤挑戦する経緯と強い絆、それにより新規事業、新商品を開発した実績は、シニアビジネス研究所だけが唯一保有する財産です。

私たちは、個々の力を発揮しながらもメンバー互いの立場を尊重し強い絆により新しいスタイルの新規事業、新商品の創造を実現してきました。

研究所といっても私たちは、特許技術を開発する科学者の集団ではありません。

世の中に存在する社会的課題に対してIT技術、インターネット、そしてシニアメンバー個々の持つスキルやコンテンツ、人脈を組み合わせた新しいサービスビジネスの開発です。

ビジネスを開発することと同時に、「シニアの新しい働き方」を研究開発し実践してまいります。現在取り組んでいる「アクティブシニアで構成するプロジェクトによるビジネス開発」は、シニアの新しい働き方の一例と考えています。今後、更に新しいシニアの働き方を研究開発し、自ら実践してまいります。

○シニアビジネス研究所 事務局
株式会社 パワーミュージック
東京都新宿区百人町 2-12-15
TEL:03-3364-1891

○シニアビジネス研究所 ホームページ
http://hito.bz

2月19日(木)DMW東京 定例セミナー「ECの伸び悩みを打開するためのコールセンター革新」

私が理事を務めるダイレクトマーケティングワークショップ DMW東京(www.dmw-japan.org )の定例会をお知らせさせていただきます。

1人でも多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

以下案内文書転載

www.dmw-japan.org ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2015年2月 DMW東京

コールセンターからマーケティングセンターへ- ECの伸び悩みを打開するためのコールセンター革新 -
━━━━━━━━━━━━━━━━━━ DMWT-290 www.dmw-japan.org

●テーマ:

コールセンターからマーケティングセンターへ
- ECの伸び悩みを打開するためのコールセンター革新 -
●語り手:

情報工房株式会社
代表取締役 宮脇 一さん
●日時:2015年2月19日(木)
開場 18:30~
ワークショップ 19:00~20:30
のみなーる   21:00~

●会場:株式会社アサツー ディ・ケイ 第1プレゼンテーションルーム
東京都港区虎ノ門一丁目23番1号 虎ノ門ヒルズ森タワー 13階
https://www.adk.jp/company/relation/

※当日の連絡先 担当:児玉 090-4131-1440

●入館手続きについて
1.DMW事務局よりお送りする受付メール(後日配信されます。)を
印刷して頂くか、携帯画面で見られるようにご準備頂きます。

2.虎ノ門ヒルズ2F受付で受付メールで入館受付番号をご提示(印刷か携帯画面)

3.受付にてゲストカード発行

4.3Fに上がって頂き、エレベーターで13Fへ

5.エレベーターホールから食堂及び打ち合わせルームのあるスペースへ入る

6.右側へ進んで頂き、一番奥にあるプレゼンテーションルームへ
●会 費:

ワークショップ 会員=無料、ゲスト=5,000円
のみなーる/割り勘

※初回参加キャンペーン実施中!!※
ゲスト登録で、初回及び2回目のご参加者は、会費が3,000円になります!
寒い日が続いていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

Windows95の発売から20年を経て、生まれた時からインターネットのある生活を送ってきた子供たちが、今年で20歳を迎えます。
こうした中、成熟の兆しが見えはじめたEC業界にとって、売れる仕組みづくりは、かつてないほどに重要なテーマとなっています。

そこで2月のDMWでは、関西に本社を置く元気印のコンタクトセンター・サービス・エージェンシー、情報工房 代表取締役の宮脇さんをゲストスピーカーにお迎えし、「コールセンターからマーケティングセンターへ- ECの伸び悩みを打開するためのコールセンター革新 -」と題して下記の内容をプレゼンテーションしていただくことになりました。

1.ECを取り巻く環境の変化
2.機能しているコールセンターとは
3.「対話」と「教育」の5%ルール
4.センターで作るペルソナデザイン
5.3年後のコールセンター

※内容は変更になる場合があります。
【宮脇さんのプロフィール】

昭和57年11月  日本電信電話公社(現NTT)入社
平成 3年  NTTテレマーケティングセンター(コミュニケーション研究所)勤務
平成 7年  NTTテレマーケティング(現NTTSOLCO)にて東京出向
平成 9年  同社大阪支店設立と同時に責任者として帰阪
平成13年  NTTSOLCO退社
同年 8月  情報工房株式会社 代表取締役に就任

『コンピューターテレフォニー』や月刊『アイ・エム・プレス』に連載多数。
コールセンター発ペルソナデザイン施策に力を入れ展開。
上記施策を中心に、国内外のコンタクトセンターアワードにて様々な賞を受賞。
多業種にわたる企業とVOCをテーマに取り組んでいる。
この機会をお見逃しなく、
1人でも多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げております。
=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=

ご出欠のご連絡は2015年2月12日(木)AMまでにこちらへ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://dmw-japan.org/tokyo/html/form/join/enq_form.html

=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=
●●● (^ ^)/~ DMW東京事務局からのお知らせとお願い m(_ _)m ●●●

DMW東京案内をお受取になられている皆様にお願いです!!
会社名・部署名・所在地・連絡電話番号・Eメールの変更がございましたら
必ずDMW東京事務局までお知らせください。

DMW東京事務局:株式会社ボーダーライン内

〒105-0001 東京都港区虎ノ門5-3-20
仙石山アネックス106
TEL.03-4455-7691 FAX.03-4455-7692

E-mail dmw@im-press.jp
URL http://www.dmw-japan.org/

●●● ●●● ●●● ●●● ●●● ●●● ●●● ●●● ●●●